墜落等のトラブルに!個人におすすめのドローン保険を比較

万が一のトラブルの時に入っていると安心できる、個人用でおすすめのドローン保険を比較してみました。

ドローンを使って働ける!

ドローンを使って、真面目に仕事したいなら、スカイエージェントへの登録が必須です↓

Point
  • 国内初のドローン特化サイト
  • ドローン専門だから案件豊富
  • 初心者向けの教育体勢も充実

スカイエージェントに無料登録しておくと、ドローンに特化した様々な求人情報が貰えます。

また、業界ならではの事情を踏まえた、正確なアドバイスが聞ける点も、登録しておくメリット。

※ 登録は1分ほどの入力時間が必要ですが、サポートで優先されるのは先に登録した人順です。

伸び盛りな業界な事もあって、魅力的な求人ほど、すぐに埋まってしまいます。

面倒で登録を後回しにすると、その分だけチャンスを失う事に。

今、1分ほどの余裕があるなら登録だけでも済ませておき、他の人と差をつけておきましょう↓

詳しく見る

ラジコン保険(あいおいニッセイ同和損保)

保険料 ラジコン操縦士の会員登録(2年間4,500円)で付帯
主な保証内容 日本国内でラジコン模型の操縦中に不注意によって他人を死傷させたり、他人の財物を壊した場合、被害者に支払わなければならない法律上の損害賠償金や争訟のための費用を負担。
補償金額
  • 1事故につき1億円限度
  • ※自己負担 5万円
詳細 ラジコン操縦士登録

個人で入る事ができる、ドローンの最も基本的な保健

多くの人がこの保健に加入(※会員登録)をしていて、FPVでドローンレースができる場所等では、施設利用時に「ラジコン保健に入っていること」を満たしていないと利用できない箇所もあります。

 

DJI無料付帯賠償責任保険(三井住友海上火災保険)

保険料 DJI対象商品の購入で1年間無料付帯。
主な保証内容
  • 損害賠償金
  • 損害防止費用
  • 争訟費用
補償金額
  • 1事故につき1対人1億円/対物5千万円 まで
  • ※自己負担 5万円
詳細 DJI無償付帯保険

国内の本格的なドローンのほとんどのシェアを占めているDJI社。そんなDJI社のPhantomシリーズ等の製品を購入すると、その購入特典としてついてくる付帯保健です。

また、個人利用者限定のプランもあり、こちらには示談代行サービス付きの損害賠償保証や、障害死亡、後遺障害保険金等の保証もついていて、かなり手厚い印象。

DJIにて必ず「機器の登録」を行わないといけない点にだけ注意が必要です。

スポンサードサーチ

DJI賠償責任保険(三井住友海上火災保険)

保険料(年間)
  • プランA:12,000円
  • プランB:18,000円
  • プランC:24,000円
主な保証内容
  • 基本補償(身体障害・財物損壊)
  • 管理財物損壊補償
  • 人格権侵害補償
  • 初期対応費用補償
  • 訴訟対応費用補償
補償金額
  • 身体・財物共通限度額(1事故につき):プランAは1億円/プランBは3億円/プランCは7億円
  • 人格権侵害:1名100万円、1事故1,000万円
  • 初期対応費用:1事故につき1,000万円(免責金額なし)
  • 訴訟対応費用:1事故につき1,000万円(免責金額なし)
  • ※「免責金額なし」以外の自己負担額は5万円
詳細 DJIドローン賠償責任保険

こちらは「DJI無料付帯賠償責任保険」の有料版というべきもの。

Phantomシリーズ、INSPIRE等のモデル以外でも、DJIのフライトコントローラーを利用している場合には加入する事が可能です。

 

ドローン保険(あいおいニッセイ同和損保)

保険料 7,000円
主な保証内容
  • ドローンの機体や撮影機材、および日常生活中における携行品に対して、偶然な事故による破損・盗難などを補償。
  • ドローンの墜落などにより第三者にケガを負わせたり、財物を壊してしまった場合の個人賠償責任危険補償をセット。
補償金額
  • 死亡・後遺障害保険金額:204万円
  • 携行品損害保険金額:10万円(自己負担3万円)
  • 個人賠償責任危険保険金額:1億円(自己負担額なし/示談交渉サービス付)
  • 受託物賠償責任保険金額:10万円(自己負担額なし/示談交渉サービス付)
詳細 ドローン保険(個人向けホビー用)

現在は個人動産用の保険は保険会社の引受が厳しくなっているとのことで、単純に「機体の保証をする保健が欲しい!」という時は、上記のDJI保険以外にはなかなか選択肢がないもの。

そこで、ベースは傷害保険にしておいて、その付帯プランとして「ドローンの機体損害を補修する」というものにしたのがこの保険。

自己負担が3,000円は必要ですが、携行品損害保険金額として最大で10万円まで機体損害の保証をする事が可能です。

▶関連:ドローン初心者なら絶対に読むべき!おすすめの「本」5選

スポンサードサーチ